リットルが人気 | シーライフ

値段も他の買うより安いのと何よりもこの量を買いにいく手間が省けて助かってます。噂どおりです。お値段もかなりお手頃だと思います。

コスパ最強と噂の!

2018年03月11日 ランキング上位商品↑

シーライフ リットルお一人様1点限り シーライフ 500リットル用(250L×2袋) 人工海水 関東当日便

詳しくはこちら b y 楽 天

再配送して貰ったものは無事でしたが、頼んでいない商品(恐らく爬虫類を飼育してる方の餌のコオロギの飼育セットの注文明細)が入っておりビックリしました。人工海水と言えばこれです。どこか送料・商品込みで安いところを探しています。なかなか袋が空っぽにならず… 宅配でなかったら重くて買う気にもならなかったかも(^^;是非!定期的な換水をして使いきってもらえればと。そう考えると100リットル用のが5袋入っている方が、良い状態を維持できそうな気がします。使ったことがあり!以前購入したお店より少しですが安かったので購入しました。すごくお買い得でした。お魚の状態もよいですよ。溶けやすいし成分均一性に優れてます。余計なものが入っていない証拠だと勝手に考えています。数種類の人工海水を使いましたが!もっとも溶けやすく透明度が高いです。溶けるのが早いため!とても重宝しています。ただ、「固まりにくい」だけで「固まらない」わけではありません。初めて使用しました。商品の袋が縦長なので!その点に注意しながら容器を選んでください。安くて良い塩です。決して苦くはない。毎回!10L用とか25L用の袋詰め品を購入されている方は!こちらの方が安くなりますので!参考にしてください。いろんなお店を見ましたが!こちらが一番お安かった。小分けに使っても、残りが固まることはありません。今までのように気軽に注文できなくなりました。3種類ほど試しましたが!この商品が一番溶け易いと思います。シーライフ500Lが!値上げされていました。しかし業者に届いた時点で梱包段ボール濡れており、業者立ち会いのもと確認しましたが、何せ海水の元(塩)なのでもしも中身まで濡れていたらと心配だったので再配送してもらいました。サンゴなどの飼育ではもっといろんな成分が必要だったりで!いろいろ添加されているようですが!ただ海水魚を飼育するだけなら余計なものが入っていないほうがいいこともある。)計量は計量カップですくって、カップ毎料理用の計量器にて重さを量ってます。10Lに対し350gの量で済み!割合溶け易いので!いつもこの製品を使っています。海水魚を始めるにあたり当初より使用しているためこれからもシーライフの変更はしないつもりです。すんなり溶けて使いやすいです。人工海水はいつもこれです。通販でよかった。安いのでいいです。魚の調子を落としたことがないので!昔からこの商品を使っています。水替えはいつもこれを使っています。届いた品物!ものすごく重かったです。(同じ様に保管するためには!15L以上の漬物容器とかがお勧めですよ。実際に使用してみて!まず溶けやすさに気づきました。塩素中和剤を別途用意する必要はありますが!それを差し引いても良い商品だと思います。塩自体は!とても溶けやすく!固まりにくく使いやすいです。いつもこれを使ってます。魚メインならこれがいいですね。また!湿気で固まりにくいですね。湿気で固まることもほとんどなく!例え固まったとしても成分が変質したり!溶け残ることがありません。人工海水も多様にあり!人それぞれ違う塩を使っていてどれがいいか迷ったのですが!溶けやすさがウリのこちらの商品を!どうせなら一気にと思い!500リットル用を購入しました。\4650→\5320(△\670)送料分だと思いますが!他の商品と同梱してきますので!人工海水を同梱できる場合!他の商品の購入額がいくら以上だと送料サービスや2つまで一つにまとめて送る(ビールとかだと3ケースまで一緒に送れます)とか送料圧縮を考慮して欲しいです。逆に他のメーカーはどんだけ溶けにくいんだろうと(^^;作った海水をちょっと舐めてみるとわかるのですが、ただしょっぱいだけ。溶けやすいので使いやすいです。リピートです。水溶けもよく、使いやすいです。ただ500リットル用。私の場合は、密閉できる容器に袋のまま入れて、使っています。経験的に水換え後、すぐにサンゴの調子が上がるのは、この商品と上位グレードのヴィーソルトでした。。魚主体の水替えに使用しています。そんな意味合いからもシーライフを選択しました。多めに保管しておけばいざというときに助かります。大きな海水水槽で水換え頻度も多いのでたくさん使う我が家では!大容量でお安くて玄関まで届けてくれるのはとてもうれしいです。